とにかくサイトに登録してみましょう

チャットレディーの経験者に対して、実際にチャットレディーとして働くためにはどうすればいいのか、疑問の声を寄せる人が多いようです。
ヤフーの質問サイトなどにも、そういった質問が寄せられています。

チャットレディーを始めるにあたって、何か特殊な能力が求められるということはまずありません。
その名の通り、女性と話がしたくてサイトに集まってきた男性会員の相手をする。
これがチャットレディーの役割となるわけですが、基本的に誰でもできます。
向き不向きの問題は多少あるでしょうが、それでもある程度の期間にわたって仕事を続けていれば、より高額なお給料を稼ぐコツ(つまりは男性から良いチャットレディーとして評価されるコツ)みたいなものが分かってきます。
だから、チャットレディーとしての適性などは、それほど難しく考える必要がありません。

まず、チャットレディーとして働くためには、専用のサイトに登録しなければなりません。
サイトにもよりますが、チャットレディーの募集は随時行われているので、優良なサイトを見つけてチャットレディーとし手の登録を済ませましょう。
自分がどのようなスタイルで働きたいか(例えば顔出しNG、アダルトNGなど)の条件も加味してサイトを選ぶとよいですが、基本的にアダルトチャットオッケー、そして顔出しもオッケーの方が、チャットレディーとして受け入れてくれるサイトの数も多いですし、給与面などの待遇も格段に良くなります。

サイトに登録する手順はとても簡単。専用のフォームに必要事項を記入して送信するだけです。
サイトにもよりますが、はっきり言って業者の要望としては本人確認と年齢確認がしたいだけなので、それほど細かい個人情報を書き込む必要はありません。
住所や電話番号なども、記入しなくて良いものが多いです。
メールアドレスの記入は必須ですが、万が一のトラブルに備えてフリーメールのアドレスを取得しておけば、個人情報が流出する心配もなく、安心です。

登録が完了したら、次いで自分の顔写真と簡単な履歴書を送るように指示されます。
これは郵送で求められる場合もありますが、たいていはメールでの送信が認められますので、手間はほとんど掛かりません。

審査に通ったら、まれに面接のお知らせがくる場合があります。
けれども、チャットレディーとして採用するに当たり、わざわざ面接など行わない会社がほとんどです。
きちんと働いて男性会員からお金を取ってくれれば、その他に細かいことは要求されないので、面接がもし行われるという場合も、企業としての良心か、あるいは送付した顔写真との本人の顔を照合するというくらいの意味合いしかありません。
チャットレディーは誰にでもできる理由がこのあたりにあります。

面接についてですが、開催の日程について企業から連絡がくる場合と、企業が指定したいくつかの日取りの中から、自分にとって都合のいい日を選べる場合があります。
もし、複数の候補から日程を選ばせてもらえるなら、自分にとって最も都合のいい日を選びましょう。

また、面接の際には担当者からいくつか質問を受ける場合があります。
例えば、使っているパソコンのOSや、インターネットブラウザの種類、そして、ウェブカメラに接続できるか、ソーシャルメディアを利用するうえで必要な知識をどの程度身につけているかなどです。

担当者が質問する内容に合わせて、もしあなたに分からないことがあれば、あらかじめ質問したいことをメモに箇条書きして用意しておくとよいでしょう。
面接を行うからと言って、難しいことを考える必要はありません。
肩の力を抜いてください。

機材をバカにするものは機材に泣きます

ライブチャットを楽しむためには、必要な機材を一通りそろえる必要があります。
必要なもの――具体的に言うなら、インターネット回線に接続されたパソコンと、ウェブに対応したカメラです。
これだけ書くと、機材を揃えることがいかにも容易いことであるかのように思われがちですが、実際はそれほど簡単な話ではないのです。

まず、パソコン関連の機材は軒並み高価ですので、ある程度の初期投資を覚悟しなければ、よりよいライブチャットの環境を作るための準備はできないものと考えてください。
その前提のうえで、具体的にどのような機材が必要で、またその機材をたくさんの候補から選ぶ際、どのような点に着目すれば良いのかをアドバイスしていきます。

自分のパソコンに対応したものを選ばなければ、どんな機材も単なる宝の持ち腐れに終わってしまうということを覚悟してください。
また、機材をパソコンに接続するため、あるいは機材の性能を十分に生かしきるため、お手持ちのパソコンは常に最新のプログラムへとアップデートしておきましょう。
使っているパソコンのOSがウインドウズであれマックであれ、定期的に製造元の会社からはよりいっそうパソコンを効率的に動かすための更新プログラムが無料で配布されます。
多少の手間はかかっても、常に最新のプログラムをパソコンにインストールし、快適な環境を用意しておくことが欠かせません。

ライブチャットとは、常に自分のパソコンをインターネットに接続して行うコミュニケーションですから、一番に考えなければならないのはインターネットの接続速度です。
今ではあまりこのタイプを使う人はいないと思いますが、アナログの回線は、ライブチャットを行う上でオススメできません。
やはり、通信速度が格段に早い光回線を使うべきでしょう。

なにしろ、場合によってはウェブカメラを用いてリアルタイムで映像を送受信する必要もあるわけです。
とてもじゃありませんが、通信速度の遅いアナログ回線では、カメラで撮影した映像を相手に送ることなどできません。
解像度が極端に悪くなるか、動きがカクカクしたぎこちないものになるか、あるいは途中で回線がフリーズするか(要するに画面が止まってしまう)、とにかくろくなことにはならないでしょう。

チャットレディーとして働くためには、光回線に接続したパソコンを用意することが前提。
これは理解していただけましたか?
ついで、仕事に使うウェブカメラやマイクについてですが、音声会話に関しては、近年になってスカイプというツールが出始めたので、パソコン同士の音声会話もずいぶんやりやすくなりました。
これは一つの大きな進歩です。
素直に便乗しましょう。

ついで、ウェブカメラの選び方についてですが、パソコンを光回線に接続している限りどのようなカメラを選んでもかまわないということにはなりません。
パソコンには、うまく画像を表示できる性能の限界(解像度)というものが決められていて、この性能を上回るウェブカメラは、お手持ちのパソコンでは使うことができないのです。

それぞれのパソコンが表示できる解像度は、グラフィックボードというパーツの性能によって決まります。
このグラフィックボードというパーツは、パソコンのパーツの中でも比較的大きなパーツなので、例えばノートパソコンなどに、性能のよいグラフィックボードを搭載することは難しいと言われています。
それでも最近では、動画再生に適したノートパソコンが出ていますけれども。

パソコンの置き場所にどうしても困るという人以外、タワー型のパソコンを用意して、スムーズに動画が再生できるようにするのもありです。
また、ノートパソコンでなければ、パーツの交換によって後からグラフィックボードの性能を向上させることもできるそうです。
ここまで来ると、必要な知識がやたらと専門的なものになってややこしいのですが。

プロフィールを丁寧に書かなければ、人となりが分からない

チャットレディーの仕事って、自分の好きな時間帯を選んで働けることが大きなメリットなんですけれど、逆に言うと時間の管理がうまくいかない人はどうしても効率良くお金を稼げないということになります。

なぜなら、自分がサイトにログインしているだけの時間がそのまま時給に反映されるというわけではないからです。
だらだらとサイトに居座っていても、自分に話しかけてくれる人がいるか、あるいは自分から誰かに話しかけるかのどちらかの行動を取らなければ、時間を無駄にしてしまう結果になります。

チャットレディーとして働く時間とそうでない時間は、明確に分けたほうが稼ぎの効率が良くなります。
時間の管理は自分が自覚できていることが重要ですが、それ以上に重要なのは、自分の元へアプローチをかけてくれる男性が、あなたの労働時間を把握していることです。

せっかくサイトにアクセスしたけれど、肝心のあなたがログインしていなかったということになれば、せっかくの常連さん候補が離れていくという残念なことになりかねませんから、自分がどの時間帯ならサイトにログインしているのかということを、男性会員に対して周知徹底しましょう。

実は、そのために役立つ機能がプロフィール公開機能です。
プロフィールに書ける項目は色々とあります。
職業については、正直なところ適当で構わないと私は思うのですが、とりわけ丁寧に書きたいのが、趣味に関する項目と、サイトにログインしていられる時間帯(つまり勤務が可能な時間帯)です。
趣味の項目を見た時、この女性とは趣味が合いそうだと感じたら、男性の会員が集まってきてくれます。
同時に、あなたと会話して楽しいと感じたら、男性の会員はあなたがログインしている時間を狙ってサイトを利用するようになるでしょう。
そのような経緯の積み重ねで、いわゆる常連さんが生まれます。

常連さんを確保することは、チャットレディーとしてのあなたの収入をよりいっそう安定させることにつながるので、プロフィールに登録できる項目の中でも特に重要なものは、しっかりと漏らさず書くようにしましょう。

公開しているプロフィールの内容が手抜きだと、なかなか良いお客さんが集まってきません。